美容整形の中でも人気のある手術|目頭切開で魅力アップ

目を閉じる女性

大きな瞳になる施術

整形手術

目の施術いろいろ

目と目の間が離れすぎ、小さい目、まぶたが重そう、一重まぶたであるなど人の目にはさまざまな特徴がありますが、理想の目元にするために、さまざまな整形施術方法があります。最近はメスを使用しない施術や切開しても、少しの分量で済む施術など手軽に受けられる施術法が増え、利用する人も増えています。美しい目、大きな瞳に憧れる人は多いです。美しい目の比率は、目、目と目の間、目の横幅が1対1対1であること、といわれています。目が離れて見える人や目を大きくしたいといった人におすすめな施術方法が、目頭切開です。アンバランスに離れている目を中央に寄せることで、切れ長の大きなめにすることが可能です。理想の目の比率に近づけることで、美しい目元になれます。

施術方法は

目頭切開の施術方法は、目頭から上まぶたにかぶさっている、蒙古ひだという皮膚を切開します。蒙古ひだはアジア人特有といわれています。このことにより、目の横幅を広げ、離れている目を近づけることが可能になります。鼻筋も通った印象になり、一回り大きな切れ長の目に仕上がります。切開は数ミリ程度で、抜糸までは縫合するための細い糸がついたままになってしまいますが、抜糸するころには大きな腫れもおさまることが多いです。抜糸まではアイメイク以外のメイクは行うことができます。目頭切開での傷はしばらくするとほとんどわからなくなります。1ミリ単位で目の印象は変わってしまいます。目頭切開を行うときには、理想の目元に近づけるよう実績のある医療機関を選びましょう。