美容整形の中でも人気のある手術|目頭切開で魅力アップ

目を閉じる女性

目頭の皮膚を切開する手術

目元

目の幅を整えることも可能

目頭切開とは、目頭の部分に切れ込みを入れた上で縫合することで、スッキリとした目元にする整形手術です。日本人の目頭は、もともとややたるみがあり、塞がった状態になっていることが多いです。しかし目頭切開を受けることで、そのたるみがなくなれば、目が端までしっかりと開くようになります。その分、大きな目に見えやすくなりますし、それにより目元の印象も良くなるのです。目頭切開をすると、目の幅も広がることになります。そのため、もともと左右の目の広がり具合が異なっているという人の場合、それぞれの切れ込みの大きさを変えることが大事です。そうすることで、左右の目の幅のアンバランスな状態を、改善することができるのです。

元に戻すことも可能

ただし、目頭切開の方法は複数あります。そして現在では、目頭の皮膚を切除せずに残しておくという方法に、人気が集まっています。具体的には、切り開いてから、切り口を内側に折り込むように縫合するという方法です。この方法だと、目頭を元の状態に戻すことが可能となっています。目頭の形は加齢によって徐々に変化していくのですが、元に戻すことができれば、加齢による変化の度合いに応じて、目頭にさらに手を加えることが可能になるのです。将来それを希望する可能性がある場合には、折り込む方法を選択しておくことが大事です。元に戻す必要がない場合には、皮膚を完全に切除する方法が適しています。このように希望に合わせて選択できるようになったことで、目頭切開の需要は、一層高まっていくことが予想されています。