美容整形の中でも人気のある手術|目頭切開で魅力アップ

頬に手を当てる人

大きな瞳になる施術

整形手術

理想の目元になるために施術方法は増え、利用者も増えています。離れた印象の目元を美しい目に近づけられる施術方法が目頭切開です。目頭から上まぶたにかぶさる蒙古ひだを切開することで、美しい目の比率に近づけることができます。

詳しくはこちら

顔の印象を変える優れもの

目尻に触る人

目頭切開は目をハッキリと見せ、顔の印象を変えてくれる施術です。しかし効果的な反面、印象の強い施術なので、事前にどの程度切開するのか、よく相談して自分にピッタリの切開をしましょう。また、この施術は目を縦に大きくしたい方や元々目が寄ったタイプの方には合っていませんので、その点については注意が必要です。

詳しくはこちら

RECOMMENDED SITES

  • 名古屋の美容整形パーフェクトガイド

    名医が揃うクリニックばかりが紹介されているサイトがあります。美容整形を名古屋で受けることを望む方に最適です。

目頭の皮膚を切開する手術

目元

目頭切開をすることで、目頭が皮膚でふさがった状態が改善されます。これにより目の幅が開くことになるのですが、左右の目の幅がアンバランスという人の場合、切れ込み具合を調節することで、バランスの良い状態にすることが可能です。また、目頭の皮膚を切除せずに残すことで、将来元の目頭に戻すことも可能です。

詳しくはこちら

目を華やかにする手術

鏡を見る女性

蒙古ひだと手術

美容整形手術で、多くの人が受けている手術として目頭切開があります。美容整形手術のなかでも比較的ポピュラーな手術ですが、目頭切開を受ける際には、蒙古ひだをどの程度取り除くかを考える必要があります。取り除くことで露出する目頭のピンクの部分は、人により形や大きさが変わっています。そのため、担当の医師とデザインを確信しながら施術を行う必要があり、そうすることで理想に近いデザインに仕上げることができます。希望するデザインによっては、蒙古ひだを少し残していた方がより自然な仕上がりになります。また、その人の希望する二重幅のデザインによっても、蒙古ひだの処理方法は異なってきますので、医師とのカウンセリング等の相談が必要です。

一般的な目の美容整形方法

目頭切開は、目を大きく見せたい人が受ける美容整形の手術で最も一般的に連想される手術の一つです。キレイな目の比率は、目と目や目の間と目の横幅の比率が1対1とも言われています。目頭切開では、目を中央に寄せつつも、切れ長で大きな目にすることができます。手術によって、目頭に覆いかぶさっている蒙古ひだと言う皮膚を切開することで、目の横幅が広がります。また、蒙古ひだを切開することで、二重幅を末広タイプから平行タイプにもすることができ、二重幅を新しく作りたいという人にもおススメできる方法です。目頭切開の手術方法や希望のデザインによっては、目と目の幅を狭めることなく、ただ目だけを大きく見せることも可能になっています。